TKP、「群馬エリア」に初出店シェアオフィス・レンタルオフィス・コワーキングスペース



稼働率が重要な指標となるレンタルスペースはやはり都市圏でビジネスするのが有利です。そのため、地方ではなかなか広がっていなかったレンタルスペースもいまは徐々に広がり始めています。

TKPも地方都市に順次展開しています。企業の営業拠点として活用してもらうことなど多くの需要が見込まれると考えています。

その他にも、宮崎県の高速のサービスエリアに重箱を改良したコワーキングスペースの展開を始めた九州アイランドワークなど面白いスペースレンタルビジネスを地方で展開する企業も増えてきています。

需要が少ない分、地方ではいろいろなスペースレンタルのアイデアが出てきそうです。


【引用元】https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1228406.html

NEXCO西日本(西日本高速道路)、宮崎大学 地域資源創成学部、九州アイランドワークは1月9日、宮崎自動車道(E10)山之口SA(サービスエリア)上り線に、高速道路のSAで初めてとなるコワーキングスペース「KIW-Workbox山之口SA」を設置することを発表した。



【引用元】https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000152.000024137.html

高崎市は、古くから都心エリアと北信越を結ぶ交通の要所として発展を遂げている都市であり、上越新幹線と長野・北陸新幹線はこの「高崎駅」で分岐し群馬県内各エリアへの鉄道路線も同駅を拠点に各エリアに伸びております。池袋、新宿、渋谷を経由し川崎、横浜方面へ進む「湘南新宿ライン」と、上野、東京、品川を経由し川崎、横浜方面へ進む「上野東京ライン」は、「高崎駅」から発着し、都心部へのアクセスも良好です。高速道路に関しても、関越自動車道と北関東自動車の分岐は、高崎市がポイントとなっており、鉄道、自動車ともに、利便性の高い都市になります。

 多くの企業が、北関東から北信越までをカバーした営業拠点や、道路アクセスを活かした、生産工場や物流拠点を高崎周辺に構えております。「リージャス高崎アクロスキューブセンター」は、その企業の支店や、営業所、あるいはサテライトオフィスに最適なワークスペースとなっております。