2020年、レンタルスペースのトレンドを左右するのは女性コミュニティー?



女性の利用者が増えてきているなと実感としてありましたが、やはり増えてきているんですね。

今後はいかに空間をおしゃれにデザインするかが大切で、女性の何利用をメインのターゲットとするかを考えて、内装をデザインすることも重要となってきそうです。


【提供元】https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000026.000021828.html


■駅近・低価格に加え、より「おしゃれ」かどうかがポイントに

インスタベースに掲載しているレンタルスペース数は約7,500件(2019年12月時点)。レンタルスペースを選ぶポイントとして、立地・価格が重要なポイントであることに変わりありません。 そうしたなかで昨年は「おしゃれ」という検索ワードが増加傾向に。より雰囲気や清潔感を重視したユーザーが増えているとみられます。


■女性利用者が増加中! 少人数で使えるプライベートな空間として人気 女性利用者の増加もその理由のひとつです。 インスタベースのデータによると、女性利用者の割合は約6割(2019年12月時点)。特にヨガやピラティスといったフィットネス分野の利用が増加傾向にあります。






■2020年のレンタルスペースのトレンド予測

(1)女性コミュニティーの利用がカギとなる? これらの動向から、2020年は女性の利用がより活発になるとみています。 女子会・ママ会といったパーティー利用はもちろん、フィットネスやハンドメイドなど、女性コミュニティーの拠点としての利用が増えていくのではないでしょうか。 (2)YouTuberの利用も!増える撮影利用 また、YouTuberなどによる動画撮影の利用が伸びている点にも注目。 レンタルスペースであれば、周囲の目や声を気にすることなく、思う存分撮影が楽しめると好評です。撮影用途の利用は今後さらに増えていくと見込んでいます。 (3)オプションサービスで、楽しみ方は多種多様に インスタベースでは昨年、利用者からの「飲食サービスが欲しい」というリクエストにお応えし、ケータリングからデリバリーまで幅広く注文できる「インスタベースPlate」サービス(https://plate.instabase.jp/)をスタートしました。


​このようなオプションサービスを利用し、レンタルスペースの楽しみ方を自分流にカスタマイズするのも人気となっています。