顔認証システムの活用

生体顔認証システムをコワーキングスペースで活用する事例が出てきています。

いままでの暗証番号、ICカード、アプリ解錠に加え、生体認証でのカギの解錠も今後は増えてくるでしょう。

スペースレンタルの運営の省人化、無人化をより安全に、より確実にが進んでいますね。





【引用元】https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000055030.html


顔認証システム「Saffe」は、イギリスに本社を置く生体認証に特化したIT企業のプロダクトで、国際競争力を誇る、高い認証精度を有します。  

「Saffe」の革新的な技術や特徴を活かし、様々な拠点の導入ために準備を進めてまいりましたが、この度、日本国内で初めて、シェアオフィスやコワーキングスペースを展開するfabbit株式会社運営で、東京駅直結の「fabbit大手町」のエントランスに設置いたしました。