脳内帰省パック!「故郷のために、帰省をやめませんか」帰れた気分で寄付もできる



【提供元】https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2005/01/news134.html



福井県の常山酒造が4月30日、自宅で地元を思い出しながらいつでも“脳内帰省”ができる商品をパッケージングした「脳内帰省パック」の販売を開始しました。テーマは「故郷のために、帰省をやめませんか」という優しさにあふれたものですが、ネーミングがややパンクですね。


 COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の拡大で外出自粛が続く昨今、実家への帰省が感染リスクの拡大につながると問題になっています。また、さまざまな事業者が観光客の激減などで事業継続の危機にあり、これらの問題を解決する手段として“脳内帰省パック”の販売を決定したとのこと。


このパックは「常山酒造」の同企画限定の地酒を始め、地元老舗味噌屋「米五のみそ」の特産品を詰め込んだパックとなっています。大型連休に帰省ができなくとも、脳内で福井に帰省した感覚を味わってほしいという願いが込められているとのこと。


販売する“脳内帰省パック”は、以下の3種。 【1泊2日】地酒720ミリリットル1種(純米酒)+そばみそ:1925円(以下税込) 【3泊4日】地酒720ミリリットル2種(純米酒、純米吟醸)+そばみそ:3520円 【6泊7日】地酒720ミリリットル3種(純米酒、純米吟醸、純米大吟醸)+そばみそ+里芋 :5940円


これらのパックを購入すると、常山酒造から福井の近況を報告する手紙も封入されます。また、売上の5%は、福井県を通じて県内の医療機関へと寄付されるとのこと。