競合B社のようなので内容を検証してみました 第一回

最終更新: 4月5日


仕事柄、競合製品の皆様とはいい意味緊張感を持って、切磋琢磨させていただいております。今回、スマートロック業界では老舗で東証JASDAQ上場企業の構造計画研究所様が展開している「RemoteLOCK」の商品ページに、どうやら弊社らしき競合B社を載せて頂いたので、その主張が正しいか検証してみました。値段が弊社製品と同じなので弊社と勝手に思い込んでますが、ただの思い上がりでしたら是非ご指摘ください、この記事を即効削除します!


RemoteLock商品ページの競合比較表

https://remotelock.kke.co.jp/products/


それにしても大先輩の競合製品ページに載せていただけるとは、KEYVOXもブランド化してきた証拠と思い、大変光栄です。では順番に見ていきましょう!


費用など

本体54800円〜、月額5000円〜

その通りです。ただ、月額5000円に関しては、KEYVOXの場合、PMS機能やチェックインタブレット機能も含まれているので、リンゴとオレンジの比較になってます。RemoteLOCKと同じカギ管理機能だけですと、サイトメニューには出していませんが、RemoteLOCKと同じ1500円でご利用可能です。


幅広いビジネスシーンでの導入実績 

宿泊

★★☆

RemoteLOCKはKEYVOXより2年前にビジネスを始められていますので、実績数で行くと全ての項目で追いつけません。この、自分の土俵に持ち込むというマーティングセンスは素晴らしい!弊社のCMOも見習います!尚、当然導入数で勝てませんが、KEYVOXスマートロックも多くの宿泊事業者様のご採用頂いております。

https://keyvox.co/usecases


レンタルスペース・シェアオフィス

★☆☆

なんと!実はKEYVOXが一番注力しているユースケースはこの、レンタルスペース、シェアオフィスです。Googleカレンダーと連携することで、圧倒的な省力化を実現できます。管理画面自体にカレンダー機能も内蔵している他、ゲスト用予約アプリまで提供しているのはKEYVOXだけです。


オフィス

★☆☆

その通り!正直申し上げてオフィスは注力していません!Akerunさん頑張ってください!ローコストでやりたい場合は、Akerunさんに勝てると思うのでご相談ください。


フィットネスやジム、無人店舗

”ー”って何でしょうか!!?★ひとつにも該当しないということでしょうか!!?KEYVOXシリーズは実はフィットネスビジネスをにじわじわと入り込んでいます。実例をあげますと、女性専用フィットネスの「Furdi https://furdi.jp/ 」さんはフランチャイズ全店舗のスマートロックをAkerunさんからKEYVOXに乗り換えて頂いております。決めては手厚いサポートと、コストパフォーマンスと聞いております。Furdiさんでは、AIマシーン用のICカードで入館をしてリアルタイムログを活用頂いております。「リアルタイムログ」です。私の知る限りリアルタイムログを吐き出せるスマートロックはKEYVOXだけです。是非フィットネス、ジムオーナーの皆様ご連絡ください。


大規模な複数施設の店舗等管理

再び”ー”を頂きました!ここも評価基準が分からないのでなんとも言えないですが、複数店舗を編成して管理できるという意味でしたら、KEYVOX管理画面で自在に可能で実績も多数ございます。KEYVOX管理の基準は場所であり、そこに紐づく、ドア、ロック、ユーザー・グループという単位で管理します。先述のFurdiさんもフランチャイズで、本部は全店舗の管理画面に入って活用具合を管理、確認できます。この考えは複数施設であってますでしょうか?



この比較本当に勉強になります!次回は、次のセクション「柔軟な運用・施設レイアウトに対応する管理機能」について見ていきたいと思います。


競合B社のようなので内容を検証してみました 第一回(本記事)

競合B社のようなので内容を検証してみました 第二回

競合B社のようなので内容を検証してみました 最終回