産業医によるレンタルスペースの活用


従業員の健全な労働や、コンプライアンスを守るためにレンタルスペースを利用する企業も存在します。カフェなどとは違いプライバシーが守りやすいことからレンタルスペースは産業医などにとって都合のいい空間なのです。 こうした企業からの需要を意識することでレンタルスペースの集客ができます。企業はレンタルスペースにどのような機能を求めているのかを紹介します。

■プライバシーが守られる 職場の労働者が健康に労働に従事できるよう、専門的な立場から健康に対して指導・助言を行う産業医と呼ばれる人たちがいます。労働者に直接話を聞くこともあり、その際相談者のプライバシーを守らなければなりません。 社内の会議室などで面談を行うと、プライバシーが守られない恐れもあります。また、相談者が自分の思っていることを伝えられないなどの問題も起こります。 レンタルスペースはこうした問題を解決できます。相談者がリラックスして自分の健康状態について相談できるので、産業医も問題を素早く解決できるのです。

■カフェなのでは情報漏洩の危険性が高い カフェなどで面談をするのは、情報漏洩の危険性が高いです。不特定多数の人が利用するカフェでは話している内容を盗み聞きされてしまう恐れがあります。また、隣の席に知っている人がいることもあります。産業医と面談している場面を他の人に見られたくないと思っている相談者も少なくありません。 こうした情報漏洩の危険をレンタルスペースでは回避できます。限られた人しか利用できないレンタルスペースは、不特定多数の人に話を盗み聞きされることなく相談ができるのです。相談者もリラックスして話ができます。

■セクハラやパワハラなどの相談窓口としても利用される 産業医の他にもセクハラやパワハラの相談窓口としてレンタルスペースが活用されることもあります。相談していることを誰にも知られたくないという人にとって、レンタルスペースは安心できる場所なのです。 働き方改革や労働環境の改善が進む中で、企業は従業員のプライバシーを守るよう工夫しなければなりません。プライバシーを守るための空間として、レンタルスペースの需要が高まっています。


■まとめ レンタルスペースでは情報漏洩の恐れもなく、プライバシーを守りながら面談を行えます。そのため企業の産業医などからの需要も高いです。カフェなどとは違いプライバシーが守られる空間としてアピールすることで、集客も可能になります。


執筆 鈴木詩織