レンタルスペースのニッチ戦略


在レンタルスペースの利用目的は多様化しています。会議や講演などの目的だけでなく、パーティーやコスプレ会場、スポーツ観戦などにも使用されています。こうした利用目的の多様化に対応することでより集客ができるようになるでしょう。 市場の隙間を狙い、そこでシェアを獲得する戦略をニッチ(隙間)戦略と言います。レンタルスペースの運営の場でもニッチ戦略が役立つことがあります。

■ニッチ戦略とは ニッチ戦略とは市場の隙間を狙い、その分野で事業を展開する戦略のことを言います。選んだ分野で相対的にシェアを獲得した、収益を上げていきます。競合が狙っていない需要でシェアを獲得するのが狙いです。 レンタルスペース運営でもニッチ戦略を意識することで他の競合と差別化し、集客ができるようになります。このニッチ戦略はアメリカの経営学者マイケル・ポーターが提唱しました

■どのようなレンタルスペース需要があるかを把握する レンタルスペースで高いシェアをとるためには、どのような需要があるかを想像する必要があります。一口に会議やセミナーといっても、様々な種類のものがあります。「こういった会議やセミナーに対応できるレンタルスペースを運営する」といった具体的なイメージが非常に重要です。 パーティー会場としてのレンタルスペース運営でも同じことがいえます。どのようなパーティーを想定した空間作りをするかによって、レンタルスペース市場でのニッチ需要を狙えます。 利用目的だけでなく「30代の女性」「年収◯円〜◯円の人」といったターゲットをイメージすることもおすすめです。具体的にターゲットをイメージすることでニッチ戦略をうまく機能させることもできます。

■その地域のナンバー1・オンリー1を目指す ニッチ戦略では選んだ事業分野でナンバー1・オンリー1になることが理想的です。ナンバー1・オンリー1になることで効率よく集客ができるようになり、収益性が向上します。 全国のレンタルスペース市場で高いシェアを獲得する必要はありませんが、選んだ分野と周辺地域でのナンバー1・オンリー1になれるようなレンタルスペースを目指しましょう。



■まとめ レンタルスペースの運営でもニッチ戦略がうまく働くことがあります。ニッチ戦略てはどのようなレンタルスペース需要があるかを把握することが重要です。市場の隙間を埋めるようにした運営をすることで高いシェアを獲得し、収益を上げられるようになるでしょう。