ユーザーの多様性に合わせたコワーキングスペース運営


政府の働き方改革推進の影響もあり、コワーキングスペースのユーザーのタイプも多様化しています。ユーザーの多様化に合わせた運営をすることで、より効率よくコワーキングスペースの顧客満足度を高め、利用者を増やせるようになります。 今後も様々なタイプの潜在顧客が現れるでしょう。ターゲットを明確に定めることが、コワーキングスペース運営では重要です。

■全てのタイプの人に対応しようとしない 万人受けするようなコワーキングスペースの運営はうまくいきません。多くの人に利用してもらおうとすると、設備費がかさむなどして、かえって運営効率が悪くなってしまいます。どのような人に利用されるかを絞り込んだ方が、コストを下げながらスペースの運営ができるのです。 コワーキングスペースの潜在顧客の多様化も進み、現在では幅広い層からの需要があります。これまでは経営者向けを意識した運営だけでも大丈夫でしたが、今後は例えば主婦・主夫や学生といった利用者も増える可能性も考えられます。 こうしたコワーキングスペースの潜在顧客の多様化を意識し、ターゲティングをすることで、より効率よく運営ができるようになるでしょう。

明確なターゲットを想定することはユーザーにとってもメリットになる 多くの人に利用されるようなコワーキングスペースを目指すのではなく、利用者を絞り込んだ運営は、利用者にとってもメリットになります。自分とは大きく異なるタイプの人と長時間一緒にいるとストレスを感じる人は多いです。 ユーザーにとって居心地の良い空間を作り、顧客満足度を高めるためにも、ターゲティングは非常に重要になってきます。自分と似たタイプの人が集まる空間は、ユーザーにとって心地よい空間です。 コワーキングスペースを運営する際には、似通った人をスペース内に集めることが重要になります。

「誰が利用するか」をイメージする コワーキングスペースを運営する際には万人受けを狙うのではなく、「誰が利用するか」を意識するようにしましょう。ターゲットとする人物が喜ぶような利用料金の設定や設備、インテリア選びを意識してください。 明確なイメージにもとづいて運営をすることで、ユーザーを絞り込み、効率よくコワーキングスペースで収益が得られるようになります。


まとめ 現在コワーキングスペースの潜在顧客のどんどん多様化は進んでいます。今後のコワーキングスペース運営ではユーザーの多様化を意識することが重要です。こうした多様性に対応することで顧客満足度を高め、コワーキングスペース運営による収益が得られるようになります。 執筆 鈴木詩織