フローレンス、全国のひとり親家庭901世帯に緊急食料支援を実施


【提供元】https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000135.000028029.html


◆背景

2月末、政府より全国の小中高校に休校要請が、続く4月7日 緊急事態宣言が発令され、長引く新型コロナウイルス感染症の影響は、収入の減少や育児の負担として重くのしかかり、特に育児と仕事を一手に担う、ひとり親家庭に大きなダメージを与えています。


フローレンスの病児保育を利用する「ひとり親会員プラン」利用者に実施したニーズ調査結果によると、一斉休校・休園期間の延長や外出自粛要請によって、82.6%ものひとり親家庭が「とても困っている/困っている」と答えました。


また、「行政や民間企業による支援策として、どんな制度やサービスがあったら助かりますか」という問いに対しては、所得保障や育児の人手に次いで、52.0%が食品の配送を求める結果となりました。



支援概要

支援対象: ・子どもが高校生までのひとり親(離婚前の別居中ひとり親の方も含む)  ・子どもの年齢に関わらず、下記の条件に該当する方  児童扶養手当を受給している  児童扶養手当の所得制限限度額に相当する収入である   児童扶養手当は受給していないが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により失職・減収となった   児童扶養手当を受給していないが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により食費などの出費が増え、生活が苦しくなった  支援内容: 一世帯 米5kg または おこめ券(2,200円相当) ※今回の緊急食料支援については、『新型コロナこども緊急支援プロジェクト』に対しREADYFOR株式会社からいただいた助成金を活用させていただいています。



▼緊急支援プロジェクトの詳細はこちら https://florence.or.jp/news/2020/04/post39252/ ▼新型コロナこども緊急支援プロジェクトを支援する https://florence.or.jp/lp/monthly/index_co.php#tab2