テレワーク導入企業は3倍



新型コロナの影響で、テレワークを行っている企業は31.1%とのことで、以前からテレワークを行っている会社と合わせると60%がテレワーク導入企業となるとのこと。

テレワークにより業務効率が改善したと感じている企業はまだ多くはないが、今後もテレワーク導入企業は増えることは間違いない。そして、このテレワークの制度を利用する会社員も増えていくだろうと推測されることを考えると、ますますテレワークを自宅以外の近所で行る人が増え、スペースレンタルに対するニーズが増えていくのではないかと思われます。

個室貸しのニーズに備えることも重要ですね。




【引用元】https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2003/27/news047.html


アイティメディアはこのほど、企業の新型コロナウイルスへの対応に関する調査を実施した。その結果、新型コロナウイルス対策としてテレワークを行っている企業が、前年と比較して3倍以上に増え、全体の6割を超える結果となった。

総務省が発表した「令和元年版情報通信白書」によると、テレワークの導入企業は「19.1%」だったが、新型コロナウイルスの影響を受けて導入企業は大幅に増加する結果となった。今回の調査でテレワークを行っていると回答した企業は全体のうち31.1%。「以前から行っている」と答えた32.9%と合わせると、64.0%がテレワークを実施しており、1年ほどで3倍以上増加した。