テレワーク導入に便利なクラウドPBX「OFFICE PHONE」コロナ対策に値下げキャンペーン開始


提供元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000039355.html 株式会社ベルテクノスは、この度の新型コロナウイルス対策緊急支援としてクラウド型ビジネスフォン「OFFICE PHONE」の初期導入費の大幅値下げキャンペーン受付を実施中です。

■テレワーク導入アイテム「OFFICE RHONE」とは スマートフォンに専用アプリを社員のスマホにインストールするだけでテレワークが可能なサービスです。 社用スマホを導入する必要がなく、場所に拘束されずに会社番号で通話することができます。 会社電話番号での無料内線通話が可能なので、設備投資が不要です。 社員用携帯電話を導入するよりも、大幅なコストダウンを見込めます。 ■OFFICE PHONEで使える主な機能

「OFFICE PHONE」を導入することで、ビジネスフォン(PBX)の常識を刷新できる機能を8つ紹介していきます。 1:クラウド勤怠管理システム(200円/月) スマホ、PCでの出退勤のクラウド管理が可能です。 タイムカードや勤務報告書を不要にできます。 2:ネットFAX機能(無料) スマホだけでFAX送受信の管理が可能です。 FAX内容確認のためだけに出社する手間を省くことができます。 3:グループウェア機能(無料) グループウェア機能を利用すると、顧客情報の管理や電話帳をアプリだけで共有することが可能です。 4:通話録音・共有機能(1,000円/月) 外線通話を録音してデータを保存、いつでも管理者が確認できます。(10GB追加につき400円) 5:スケジュール管理・共有(無料) 社員や上司のスケジュールを全体共有・管理が可能です。 6:CTI機能(無料) 電話着信時に顧客情報を自動で表示させることで、円滑に電話対応が可能です。 7:IVR機能(800円/月) 電話受信時に、自動音声案内を使用することで、取り継ぎの手間を減らし、担当部署へ直接つなげることが可能です。 8:名刺管理機能(無料) 名刺を撮影し、クラウド上に保存することで社内共有や紛失を防ぎます。 ■テレワークが推進される今だからこそメリットが大きい

新型コロナウイルス感染拡大で、外出自粛やテレワーク、在宅ワークが推進されています。 今後は、さらに社外でのクラウド管理やスマホ・PCのみを利用したコミュニケーションが一般的になっていくと考えられます。 当たり前になってから導入するのではなく、今の段階からコストダウンに取り組むことで他社と差をつけることができるでしょう。

■ OFFICE PHONEの概要 名称:OFFICE PHONE 発売開始日:2019年1月4日 初期費用:24,800円~ 月々基本料金:3,400円~ URL:https://office110.jp/cloud-pbx/

■会社概要 商号:株式会社ベルテクノス 代表者:代表取締役 中嶋 大介 所在地:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-15-11イマキイレビル5F 設立:2001年5月 事業内容:通信機器販売資本金:3,500万円 URL:http://www.bell-group.co.jp/

執筆 鎌田大輝