セミナー集客に影響を及ぼす貸し会議室選び



セミナーを開催する人としては、貸し会議室選びを慎重に行いたいと思うものです。貸し会議室選びを誤ると、いい内容のセミナーでも参加者が集まりません。適切な貸し会議室を会場として選ぶことで、集客を成功させられます。 貸し会議室やレンタルスペースを選ぶ際、セミナー主催者はどのような点に注目するのでしょうか。セミナー主催者のニーズをキャッチして貸し会議室を運営していきましょう。

■立地 セミナー会場を選ぶ際、立地は非常に重要な要素になります。集客できるかどうかを左右するので、セミナー会場として貸し会議室を利用したい人は必ず立地に注目します。 人が集まる大きな駅の周辺にある貸し会議室だけでなく、郊外にある貸し会議室も利用者を集めることができます。利用目的や利用者の属性によって、どのような立地が求められているのかも変わるので、ニーズに合わせたPRをするようにしましょう。

定員及び机や椅子の配置 1部屋あたりの定員も、貸し会議室利用者が注目するポイントです。開催するセミナーに対して広すぎず狭すぎない部屋が求められます。定員に対して机や椅子が十分にあることも必要な要素です。 さらに室内のレイアウトもセミナー会場選びの上で重要です。受講者が 1つのテーブルを囲むようにして座るのか、全員が正面を見る形で座るのかといったレイアウトも意識されるポイントになります。

設備 プロジェクターやホワイトボード、ペン、マイクといった設備を必要とするセミナー主催者も少なくありません。どういった設備があるのかを明示することで、集客を成功させることができます。 さらに最近ではインターネットを使ったセミナーを開催する人も増えてきました。Wi-Fi環境がある貸し会議室はそういった人たちからの需要があります。

利用料金 利用料金は貸し会議室利用者にとって非常に重要なポイントです。立地や設備に見合った料金を設定しなければ、クレームにつながることもあります。また、キャンセル料に関しても事前にしっかりと説明するようにしましょう。

内装・建物の外観 室内の内装や建物の外観もセミナーの集客に影響を及ぼします。内装や外観がきれいな会場を使用すると、セミナーへのリピーター確保にもつながります。 セミナー主催者にリピーターになってもらうためにも、貸し会議室の内装や外観にこだわるようにしましょう。

貸し会議室選びはセミナー集客に影響を及ぼすため、セミナー主催者は慎重に会場を選びます。利用者であるセミナー主催者のニーズをキャッチして貸し会議室を運営して行きましょう。そうすることで利用者の獲得やリピーターを増やすことができます。 執筆 鈴木詩織