コワーキングスペースの運営では差別化を意識する



最近では様々な種類のコワーキングスペースのサービスが存在しています。こうした中で顧客を確保し、コワーキングスペースを運営して行く上では、差別化が重要になってきます。差別化を徹底することで利用者を定着させることができるのです。

■どのような人をターゲットにするかを明確にする どのような人をターゲットにしてコワーキングスペースを運営するかを明確にイメージするようにしましょう。利用者の職種、性別、年齢、収入などの要素を意識することで、集客につなげられます。 コワーキングスペースの利用者の多くはスペース内での他者とのつながりを求めている人も少なくありません。業種や人物の背景が似通っていると、マッチングがしやすくなります。マッチングのしやすさも求められているコワーキングスペースには、似たような利用者を集める必要があるのです。 明確なターゲティングをすることで、マッチングがしやすい空間を作り出し、より利用者のニーズに答えられるようにもなります。そのためにもターゲティングは非常に重要なのです。 ターゲットとする顧客に合わせた運営をすることは、競合との差別化につながります。

利用料金の設定 コワーキングスペースの利用料金の設定によって、顧客をターゲティングすることも可能です。 利用者がコワーキングスペース選びで意識するのは、立地だけではありません。多くの顧客は自身の収益を踏まえた上でコワーキングスペースを選びます。アパートやマンションの賃料と、コワーキングスペースの利用料金は感覚が似ているのです。 どのような層を狙っているのかを意識した上で、利用料金を設定するようにしましょう。

コワーキングスペース内のインテリア選び スペース内のインテリア選びも非常に重要です。ターゲットに合わせたインテリアを設置するようにしましょう。 椅子やデスクなど作業をする場所だけではありません。観葉植物や壁にかける絵画・写真もコワーキングスペースを差別化する上で重要です。ターゲットとする人物が好むものを配置することで、利用者が集まり、他のコワーキングスペースとの差別化も実現します。 コワーキングスペースを運営する上では、利用者の好みに合わせた空間作りも意識するようにしましょう。


まとめ 明確なターゲティングをし、他社との差別化をすることは、集客する上で非常に重要です。ターゲットを意識した上で、料金設定や空間作りをして行きましょう。