コワーキングスペースでのユーザのマッチング



コワーキングスペースの利用者の中には単なる作業場所としてだけでなく、人脈を広げるなどの目的がある人もいます。 様々な職種の人が集まるコワーキングスペースでは、利用しているだけで仕事のチャンスが広がるなどのメリットがあるのです。こうした利用者のニーズを満たすことで、コワーキングスペースでの収益を上げることができます。 コワーキングスペース内のマッチング機能を高めるためのコツを以下ではご紹介します。

■利用者の職業を把握する まず基本となるのは、利用者がどのような仕事をしているのかを把握することです。各利用者の職業を把握することで、他の利用者から求人があった際にマッチングすることが可能になります。 異業種同士が交流することで新しい仕事が生まれることもあります。こうした場合でもそれぞれの利用者の職業に対する理解が非常に重要です。コワーキングスペースでのマッチングを成立させるためにも利用者の職業の悪を徹底するようにしましょう。

■利用者の性格や好みなどに対する理解も重要 職業の把握だけでは十分ではありません。利用者の性格や好み、プライベートに関することもある程度は把握するようにしましょう。むやみに聞き出そうとする必要はありませんが、それぞれの利用者の背景を理解することでよりマッチング満足度を高められます。 似たような背景や好みを持った人とは、仕事をする上でも相性がいいことが多いです。もちろん自分とは全く別のタイプの人と関わることで新しい価値観を生み出すこともできますが、リスクも高いです。コワーキングスペースでのマッチングは似たもの同士で行う方がおすすめです。

■カウンセリングなどの機会を設けるのもおすすめ 利用者がどのような人とつながりたいのかを把握するために、カウンセリングなどの機会を設けるのもおすすめです。カウンセリングによって最適な人を紹介できるようになります。 さらにカウンセリングからはコワーキングスペースのサービスそのものに対する利用者の声を聞くこともできます。マッチングのためだけでなく、サービス向上にもカウンセリングは役立つのです。


■まとめ 人脈を広げる目的でコワーキングスペースを利用する人も少なくありません。こうしたニーズを満たすことで顧客満足度を高められるだけでなく、効率よく集客もできるようになります。コワーキングスペースのマッチング機能をどのように働かせるかを工夫してみましょう。 執筆 鈴木詩織