オンラインとオフラインのロックの違い


Online lock

スマートロックの種類もいろいろとマーケットに出てきました。ではどのようなスマートロックを選べばいいのでしょうか?


答えはありきたりですが、「ご利用用途に合ったものをお選びください。」ということになります。ではスマートロックを比較する上でどのようなポイントが重要となるでしょうか?本日はオンラインのロックとオフラインのロックという切り口で考えてみたいと思います。


ロック、即ち鍵とは通常、物理鍵ですのでネットワークに繋がっていません。そういう意味です既存の物理鍵はオフラインのロックです。ただ今回オンラインとオフラインで動くものの比較としては、電池や電源で稼働するロックのことを指します。


オンラインロックの特徴

常にネットワークに接続して認証をするタイプのものと、鍵情報の配信時だけネットワークを使い、一旦配信されたらオフラインでも利用できるタイプのものと2つに別れます。現時点では、電力を消費しない通信の実現が難しいため、後者のロックが大多数です。皆様のスマホもずっと通信していたら1日持たないと思います。それと同じ原理でずっと通信しっぱなしっというのは非常に技術課題が高いのです。


一方で、そのような課題があったとしても定期的に通信ができるということは、利用者が変わる毎にカギを作成できるということで非常に広範なユースケースに対応することが可能です。最たる例が、ホテル、宿泊業であり、またレンタルスペースや貸し会議室などの、不特定多数がアクセスするカギです。


このオンラインのロックは非常に細かいカギの指定ができるため便利な一方、いざネットワークが遮断されると、本来の機能を発揮できなくなります。どんなに安定した回線でもつながらない時は繋がりません。その時の大体手段を設けておく必要があります。


オフラインのロックの特徴

一方のオフラインのロックとは電池や電源で動くものの、一切サーバと通信をしないタイプのロックのことを指します。一切、通信せずにどのように毎回違うカギを配信するのか?という疑問をお持ちになると思います。しかし、原理は意外と簡単で、サーバ側と、ロック側に同じ暗号を入れておきます。ある手順でその暗号を読み解けるとカギが開くという仕組みです。当然数学的にサーバ側とロック側が同じ暗号を持っていれば、サーバに番号を聞いて、通信できない状態でロックにその番号を入れればカギを開けるという事が実現可能です。


この通信環境に影響されないというのは非常に大きなアドバンテージですが、一方でオフライン故にオンラインほどきめ細かなカギの設定ができないことが課題となるでしょう。

「例えば指定日から数日間使えるカギ」というのは問題ないかもしれません。しかい、明後日の10時から30分使えるカギを完全にオフラインで作るのは非常に難しいです。可能か不可能かといえば可能ですが、10桁以上の暗証番号となればほぼ実用的ではないと思います。


このように、オンラインとオフライン、それぞれ得手不得手があるわけですが、実際の運用の目的に合わせて最適なものを選ぶことが重要となります。


KEYVOX LaaPシリーズは、オンライン、オフライン双方のロックをサポートしています。詳細はKEYVOXプロフェッショナルにご相談ください。私自身も導入相談にいつでものらせて頂きます。


KEYVOX導入相談は下記ページの「プロフェッショナルに相談する。」コーナーからZoomミーティングをご指名ください。


https://www.keyvox.co/apply